結婚しても妊娠できない!晩婚さんの苦悩

39歳女医の「婚活」と「妊活」

(イラスト:堀江篤史)

新宿御苑の木々が風に吹かれてざわめくのを感じながら、高級中華料理店「礼華」の入り口をくぐった。今日、話を聞かせてくれるのは小児科医の西岡真由さん(仮名、39歳)。10年間にわたる婚活の末に結婚し、現在は激痛を伴う不妊治療の真只中にいる女性だ。せめておいしい食事をご馳走しなければならない。

真由さんは約束の時間どおりに現れた。シックな柄のワンピースに身を包み、表情は晴れやか。精力的な印象さえ受ける。結婚願望を持ち始めたのはいつごろですかと問いかけると、躊躇せずに苦い思い出を語ってくれた。

「22歳の頃にストーカー被害に遭って、恋愛恐怖症と男性不信になってしまいました。このままではいけないと思い、初めて男性と付き合ったのが27歳のとき。相手は後輩の医者です。

今から振り返ると、男性への恐怖心がまだ強くて、相手の選び方が変になっていました。社交性があって華やかな男性は怖く見えてしまい、冴えなくて全然モテない人をあえて選んだのです。挨拶もちゃんとできないぐらい社会性がなく、しかも強度のマザコン。お互いの親から大反対を受けました。だからこそ意地になって結婚しようと思ったのだと思います。

でも、彼からは『うちはお金がないから、結婚して子どもを産んでも働いてほしい。親と叔父の介護もしてほしい』と言われ、彼の母親からは日本語になっていないような罵倒メールを送りつけられたりして、さすがに目が覚めました。予約していた式場をキャンセルして本当によかったと思います」

次ページナンバーワンホストの「的確な一言」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。