日本人は「節約命」の考えをそろそろ捨てよう

藤野英人×ちきりん、デフレの稼ぎ方を語る

藤野英人さんとちきりんさんが語る、生き残るために必要なスキル、「投資とマーケット感覚」
デフレの巻き返しや、2020年の東京五輪後の社会不安が伝えられる中、いかに稼ぎ、生きていけばいいのか――。レオスキャピタルの藤野英人さんと社会派ブロガーのちきりんさん。そんな未来を見通す、二人による対談が実現。変化の激しい時代を生き残るために、必要なスキル「投資とマーケット感覚」とは。

 

ちきりん:藤野さんの本は投資指南というより、生きるのに必要な考え方が書いてある本が多いですよね。新著である『投資バカの思考法』も、とても本質的なことが書かれていると思いました。

藤野 英人(以下、藤野):ありがとうございます。

ちきりん:たとえば、「損切り」は投資に不可欠なスキルですが、これって人生においても非常に重要です。時代が変わって、「そんな技術、もういらないよ」という状況になっても、苦労して身につけた専門性が捨てられない人はたくさんいます。

早めにあきらめて、新しい分野をゼロから学んだほうが、よっぽどよい場合も多いのに、「過去の経験やこれまで身につけたスキルを生かす」という美辞が言い訳になっていて、いつまでも過去に学んだことに引きずられる。損切りの重要性を含め、投資をしない人にも役立つ本だと思って、ラジオでご紹介しました。

藤野:私がこの本で言いたいことは、ちきりんさんが今年上梓された『マーケット感覚を身につけよう』とまさに同じなんです。実はこの前、大学で講義をしたときに、アンケートを採ったんですよ。「投資のイメージってどうですか?」って。すると、90%の人は「投資は悪」と言っているんですね。

ちきりん:いまだにそんな状態なんですか!?

藤野:以前よりひどくなってるんです。「投資は悪」はまだいい。最大の問題は、「労働が悪」。

ちきりん:「労働が悪」? ブラック企業のことですか?

藤野:働くこと自体がブラックなんですよ。

ちきりん:えっ、働くことがブラック? なぜ、そんな話に?

デフレと節約は「宗教」になった

藤野:アベノミクスでインフレらしきことが起きたけど、まだインフレにはなっていません。だからデフレ的な考えがまだ支配しているんです。

ちきりん:私みたいに、(日本経済が)成長していた時代や、現時点で成長している新興国を知っていると、「成長は七難隠す」と言えるくらい価値があると痛感できます。企業も売り上げさえ伸びていれば、組織が少々グチャグチャでもうまく回る。人も成長する。毎年のように給与が上がると未来に不安がなくなる。成長ってホントに大きな意味がある。

でも、成長する社会を見たことがない世代は、そのメリットがわからないんでしょうね。見たこともないものには期待できない。だから「成長しない社会」を前提に生きがいを見いだそうとしているのかも。

次ページ日本には2種類の人がいる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。