年収1000万円超なのに貯金がない人の悪習慣

世帯収入が高くても「幸せ」とは限らない

収入が多いからとバンバン使っているとすっからかんに(写真:にこまる / PIXTA)

お盆まっただ中。この時期に帰省して、旧交を温めている人も少なくないでしょう。ふと気になるのは、お互いの懐事情です。

「東京でバリバリ仕事をしているアイツは、なんだか羽振りがよさそうだな。年収は1000万円くらいもらっているのだろうか?」

「地元にずっと根付いているアイツは『給料が安い』ってぼやいていたけど、年収でいえば400万円くらいだろうか?」

年収400万円の人から見た年収1000万円は、雲の上の想像もできない世界。「もし、年収1000万円になったら生活にゆとりが出て、小遣いは好きなだけ使えて、貯金も今の倍はできるだろう」。そんな想像をするかもしれません。一方、年収1000万円の人から見た年収400万円は、「大変だろうな、どうやって暮らしているのだろう?」という印象を持つかもしれません。

リッチでも1割が貯金ゼロ!

実際のところはどうなのでしょうか。国税庁の民間給与実態統計調査(平成25年分)によると、給与所得者の1人当たり平均給与は男性511万円、女性272万円(平均年齢は男性45.2歳、女性45.3歳)です。

男女別にみて年収1000万円以上は男性が6.2%、女性が0.9%。普通の人から見て年収1000万円は、やはりうらやましい額です。「もし、今の倍の収入があったら、生活も楽になり老後の心配もなく、子どもの教育費にもおカネがかけられるのに――」。そんな風に誰もが思います。

ところが、信じられないことに、年収1200万円以上の世帯でも、11.8%は貯金ゼロ。つまり、高所得世帯の8世帯に1世帯は貯金を持っていないのです(金融広報中央委員会家計の金融行動に関する世論調査平成26年)。

実際、ファイナンシャルプランナーの筆者のところへ、高収入でもうまく家計管理ができないと、ご相談にいらっしゃる方もいます。

次ページ高収入なのに赤字になってしまう理由とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。