たっぷり貯金したいなら、節約はするな

新入社員・20代の若手社員がやるべきこと

サラリーマンとして実力をつけつつ、おカネを貯めたいなら、節約はしてはダメ。それはなぜ?(写真:saki/imasia)

某大手ウイスキーメーカーの「新社会人向けのメッセージ」が楽しみな季節になってきました。そう、伊集院静さんが新聞で書いていらっしゃるコラムですね。そんなイメージで、今回のコラムは若手のサラリーマンの読者を意識しつつ、綴ってまいりたいと思います。

苦しくても、節約はするな

新社会人おめでとう。

これから社会に一歩足を踏み出す君たちに、次の言葉を贈る。

「節約はするな」

総務省統計局の調査によると、「新規学卒者の初任給額」は、全産業ベースの男性、女性を合わせた平均が18万7100円。

「え~っ、たったのコレっぽっち」

そう思う人もいるだろう。でも、仕方がない。君たちは非常に大きなポテンシャルを持っている。が、会社側からすれば、そのポテンシャルは未知でもある。君たちが今後、どのくらい会社の利益に貢献してくれるのか、ほとんどわからないといっても良い。

だから、給料の発射台は、出来るだけ低く抑えようとする。会社としては、当然のリスク管理だ。

入社してすぐ辞表を持ってくる人がいる。

「これは自分が本当にやりたかった仕事ではない」

「会社のカラーに馴染めない」

次ページ給料が少ないからといって、節約はお勧めしない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。