イタリアの「愛の不毛3部作」を知っていますか

名匠アントニオーニの代表映画はズバリこれ

恋愛は名作映画の鉄板テーマです(写真:kou / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。
音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回紹介するのは、2007年に94歳でこの世を去ったイタリアの巨匠・ミケランジェロ・アントニオーニ監督作品だ。『情事』(1960年)、『太陽はひとりぼっち』(1962年)、『欲望』(1970年)は代表作で、「愛の不毛三部作」などといわれる。
今回は、イタリアの巨匠でたかみが最もお気に入り監督のひとりである、ミケランジェロ・アントニオーニ監督作品特集としてみた。

イタリアの名匠、ミケランジェロ・アントニオーニ

モノ・マガジン11月2日号(10月16日発売)。特集は「さらば賃貸!モノマガ人の家」「ファッション怪物」「キレイなオトコ」「楽器、再び!」などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ミケランジェロ・アントニオーニは、若い方ならサントラにピンク・フロイドを起用した監督といえば一番ピンと来るのかもしれない。このイタリアの名匠が初めてアメリカ資本で撮った映画『砂丘』(1970年)は、「ニューシネマ」の代表的な一作として当時若者から圧倒的な支持を得ていたが、それ以前の1966年には、ヤードバーズ(クリームやツェッペリンを輩出した人気バンド)のライヴ・シーンが話題となった『欲望』をすでに撮っており、ロックサイドから注目されることの多い監督だ。ぼくも『砂丘』については音楽誌で何度か書いたことがあるが、すべてフロイドがらみの記事だった。

2007年、スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンと同日、7月30日に享年94歳で亡くなった伝説的なミケランジェロ・アントニオーニの作品は、いずれも映画史に残る傑作揃い。『太陽はひとりぼっち』(1962年)は、ツイストのリズムに乗ったミーナが歌うサウンドトラックと共に、今でもぼくに鮮烈な印象を残す。'60年代の秀作5本の丁度中間に当たる作品だ。この時期に発表した「情事」(1960年)、『夜』(1961年)、『赤い砂漠』(1964年)、『欲望』(1966年)のうち、『情事』~『太陽はひとりぼっち』の3作は、当時からアントニオーニ“愛の不毛”3部作(後々は『赤い砂漠』も加えた4部作)とされていた。 

私生活においてもパートナー関係にあったモニカ・ヴィッティという存在も含め、映画界に大きな衝撃を与えたこの3部作は、「登場人物の心理や行動を一切説明せず、提示された問題や謎を何ら解決せずに終わる」というアントニオーニ・スタイルが確立された連作としても知られる。感覚的にはロマン・ポランスキーの「好きに解釈してくれて構わない。だが私に自作の解説をさせないでくれ」というインタビュー発言に近い。今回紹介した4作は、いずれも文句なしの傑作群だ。

次ページまずは「愛の不毛」3作品
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。