あのキョンシー映画最新版を知っていますか

最大の竜巻も、堪能したければブルーレイだ

今の30~40代なら、子供の頃に見たことがあるはずです(写真:kou / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。
音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回紹介するのはSFを中心とした4作。1980年代に一世を風靡したキョンシー映画が、最新ムービーとしてよみがえっていたのをご存じでしたか?

映画でしか表現できない、迫力の大作!

モノ・マガジン11月2日号(10月16日発売)。特集は「さらば賃貸!モノマガ人の家」「ファッション怪物」「キレイなオトコ」「楽器、再び!」などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

今回はオーソドックスに話題作から4本選んだ(特選はやはりたかみの好きなSFとなってしまった!)。アクション、パニック、ホラー、SFと、4本共に非常に個性的な映画ばかりで、仮にすべてを続けて鑑賞しようとも飽きることはないだろう。いずれも映画でしか表現できないような迫力&臨場感に富んだ大作ばかりだ。中でも『イントゥ・ザ・ストーム』と『キョンシー』は、映像効果の勝利ともいえるぜひともブルーレイで所有しておきたい作品だ(もっとも繰り返し観るかどうかは個人差があろうが……)。

『イコライザー』は、『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督と主演のデンゼル・ワシントンとが再びタッグを組み、'80年代後半のカルトTVシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」を映画化したクライム・アクション。昼はホームセンターの平凡な従業員である元CIA工作員が、夜は警察が介入できない事件の悪を始末する“仕事人”に変身活躍。日本でも同タイプのTVドラマ(例の時代劇シリーズほか)は数多くあった。

『イントゥ・ザ・ストーム』は、なんといっても地球史上最大の“怪物”。直径3200m、320km/h。自然が解き放つ、前代未聞の巨大竜巻だけを徹底的に体感できる映画だ。こんなわかりやすいパニック・ムービーもほかにない。できるだけ大型のTVで鑑賞しないと、迫力不足に陥る可能性がある。スマホで映画鑑賞なんていうのには、本作はもっとも向かない映画だ(苦笑)。

『キョンシー』は、1980年代に一世を風靡したキョンシー映画を、清水崇プロデュースの下、ジュノ・マック監督がリブートした怪作。死に場所を求め、幽霊が出ると噂の団地に足を踏み入れた男が壮絶な闘いに巻き込まれていくというストーリー。主演が『霊幻道士』シリーズのチン・シュウホウというのは、ファンサービスなのだろうか?

今回文句なしにマンスリー・アワーズに選んだのは、注目SF大作。『ダークナイト』『インセプション』と、新作発表ごとに画期的な映像体験を提供し続けてくれている現代映画界の鬼才クリストファー・ノーラン監督が、理論物理学者でブラックホールやワームホール研究の第一人者、キップ・ソーン博士を製作総指揮者のひとりとして迎え、壮大なスペース・トラベルを169分にわたって描いたハードSF超大作『インターステラー』だ。あまりに長大な旅ゆえ、鑑賞者も相当疲れがたまる映画ではある。

次ページオススメ映画、まずは3作品!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。