子どもにプログラミングを学ばせる真の意義

根本にあるのは、親たちの切なる願いだ

大人でも難しく感じるプログラミングを小学生が学んでいる

経済産業省などが後援する「U-22プログラミングコンテスト」。22歳以下の若者の中から、優れたIT人材を発掘することを主な目的として1980年から続く歴史あるイベントだ。今年で36回目を迎えたその最終選考会が10月4日、東京・秋葉原のUDXで開かれた。大学生や専門学校生、高専生3人の作品と並んで、最優秀賞に当たる「経済産業大臣賞」を獲得したのは中馬慎之祐くんが開発したiPhone向けアプリ「allergy」。驚くのは、中馬くんが成蹊小学校(東京都武蔵野市)に通う小学6年生だということだ。

allergyは食物アレルギーの人が外食のときに誤食するのを防ぐ目的でつくられたアプリ。なんと7カ国語に対応しており、近々、アップルの「App Store」でリリースされる予定になっている。大学生や専門学校生などに混じってプレゼンを披露した中馬くんの姿は、大人顔負けだった。

中馬くんがアプリ開発に必要となるプログラミング技術を習得したのは、ここ2年。サイバーエージェントグループの「CA Tech Kids」が運営する小学生向けのプログラミング教室「Tech Kids School」に通って身に付けた。そもそもプログラミングとは、簡単にいってコンピュータの動きを指示すること。そのための「設計図」として書く専用の言語だ。

中学生はゼロの中、小学生の入賞は3人も

中馬くんだけではない。今年の「U-22プログラミングコンテスト」では、入賞20作品のうち、中馬くんを含めて計3人の小学生が入賞を果たした。中学生はゼロ、高校生は個人2人、1グループ受賞という中で異例ともいえる実績である。

週刊東洋経済10月24日号(19日発売)の特集は『「教育」の経済学』です。広がってきた教育を「科学」する取り組み。全38ページで追いました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

背景には、「ここ1~2年で子ども向けプログラミング教室の人気が急に高まった」(同コンテスト運営事務局)ことがあるという。リクルートが毎年発表している「今後習わせたい子どもの習い事ランキング(高学年)」では、2014年から急にトップ10圏内にランクイン(リクルート社調べ)した。

中馬くんが卒業した「Tech Kids School」は東京、大阪、沖縄に3つの拠点を持ち、現在400名以上が通う。1回2時間の授業で、月謝は2万円前後(毎週コース)。2013年の開校当初は、親がプログラマーであるなどIT教育に熱心な家庭の子どもが多かったが、今年に入ってからメディアで取り上げられることが増え、英語やスポーツと同じようなお稽古感覚で子どもを通わせる親が増えた。生徒数は開校時の6~7倍に膨れ上がり、黒字化も目前だ。

次ページあの通信教育大手や進学塾も参戦
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。