IQは平均120!驚異の幼稚園は何が違うのか

幼児の持つ限りない潜在力を引き出す

私立・東京いずみ幼稚園の朝の風景

「厩焚けたり。子、朝より退きて曰く、人を傷えりやと。馬を問わず」

「子、四を以て教ふ。文、行、忠、信!」

私立・東京いずみ幼稚園(足立区)の朝の風景。教師がホワイトボートに貼った論語のフレーズを指示棒で指すと、子どもたちが元気な声で読み上げる。ふりがなはいっさい付けられていない。書かれているのは漢字とレ点などの返り点のみ。論語だけではない。「無我夢中」「傍若無人」「粉骨砕身」「付和雷同」……。教師が四字熟語の書かれたカードを次々と見せると、子どもたちは即座に反応して読み上げる。

月日の表示は「神無月」(10月)と旧暦も掲示。各クラスの入り口には漢字で「蒲公英(たんぽぽ)」「薔薇(ばら)」などと書かれた札が掛けられている。園歌の歌詞など教室の掲示物もすべて漢字で表記。子どもたちのスモックや体操着についている名札もすべて漢字で書かれ、それを見てお互いの名前を呼び合う。

各クラスに掛けられている、漢字表記の札

この東京いずみ幼稚園に通うのは、決して特別な子どもたちではない。多くは足立区や周辺の葛飾区など下町育ちの子どもたちだ。なぜ就学前の幼稚園児が難しい漢字を読めるのか。背景には東京いずみ幼稚園が30年以上前に先駆けて導入した「石井式国語教育」と呼ばれる漢字教育がある。

「幼児にとって『漢字』はやさしい」

週刊東洋経済10月24日号(19日発売)の特集は『「教育」の経済学』です。広がってきた教育を「科学」する取り組み。全38ページで追いました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

教育学博士の石井勲氏が提唱する「石井式国語教育」。コンセプトは「幼児にとって、漢字はカナよりやさしい」というものだ。漢字はひらがなよりも直線が多く、また一つひとつが具体的な意味や内容を示しているため、幼児には絵を見るのと同じように認識されるのだという。

『論語』『源氏物語』『百人一首』などの名文やことわざ、単語、熟語などをカードに記して子どもたちに見せ、子どもたちは文脈の中で文字の形や意味を覚えていく。発達段階の中で、特に言葉の吸収が早いのが3~6歳の子どもたちだという。語彙が広がれば、それが思考力や理解力の土台となる。

東京いずみ幼稚園では、ほかにも独特の音感教育を取り入れている。子どもたちはアイマスクで目隠しをして、保育士がピアノで弾く和音の音名をハンドサインとともに示す。視界を遮り、聴くことだけに集中する訓練だ。年少クラスでは間違える子どももちらほらいるが、年中や年長になれば大半が絶対音感を備えてしまう。

次ページ導入当初は、親たちから反発も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。