育児と仕事を両立するフリーランス母の戦術

子どもの預け先確保に東奔西走

出産後の復帰時期や育児とどう両立するのか。これらはフリーランスで働く女性にとって切実な問題だ

9月中旬、都内のイベントスペースに子ども連れを含む40名以上の女性たちが集った。女性フリーランス向け情報サイト『Rythmoon(リズムーン)』が、ワーキングマザーとプレママ向けに「私らしい産休・育休・復帰」をテーマとしたトークイベントを開いたのだ。

登場したのは、1歳から小学生までの子どもをもつフリーランスの女性たち。自らの体験をもとに、出産後の仕事復帰のしかたや、「保活」と呼ばれる子どもの預け先の確保、毎日の生活スタイルなどを具体的に語った。彼女たちの話から、育児と仕事の両立方法に関してフリーランスゆえの悩みを多く抱えながら、工夫できることもあることが見えてきた。

回答者の3割が産後1週間経たずに復帰

会社員の場合、育休や時短勤務については法律で定められた制度がある。しかしフリーランスの場合は、出産後いつ復帰するか、どのくらい働くかは自分次第だ。ただ、自分次第といっても好きなだけ休んでゆっくり復帰、というわけにはなかなかいかない。

「育休中の収入補助がある会社員と異なり、休業中は無収入」、「休業期間が長いと認可保育園への応募要件を満たさなくなる」、「クライアントとの関係が途切れることで仕事が減ることが不安」など、さまざまな理由でフリーランスの休業期間はえてして短い傾向にある(リズムーンのアンケート調査では30%の回答者が産後1週間経たずに復帰している)。

次ページ仕事量を調整して幼稚園を利用
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。