「男性型」に強い違和感…営業女子の3大悩み

辞めさせないために、上司は何が出来る?

7月末に行われた営業部女子課のイベントには、全国から90人以上の営業女子が参加しました。
営業女子たちからいちばんよく聞くお悩み、何だと思いますか? それは「キャリア上の悩みを共有できる女性が周囲にいないこと」。働く女性も共働き家庭も増加の一途を辿っていますが、それでも男性に比べ、女性営業の割合は少ないのです。
7月末に行われた営業部女子課の夏のイベントでも、彼女たちからはこの悩みが聞かれました。そこで今回は、イベントで聞かれた営業女子たちの悩みから、彼女たちの背中を押し、キャリアを伸ばすための方法を考えてみたいと思います。あなたの周囲の営業女子たちも、こんなことに悩んでいませんか?

 

蒸し風呂のような暑さに見舞われた7月25日。営業部女子課の夏の恒例イベント「夏の女子会」に、全国から90人以上の女性たちが集まりました。当イベントは2010年から始まり、今年で6回目。出席者の参加動機を事前に調査すると、やはり多いのが「周囲に営業の女性がいないため、同年代の営業女子と意見交換がしたい」という声です。

営業部女子課を立ち上げた背景にも、同じ理由がありました。私は営業こそ女性に向いている職業だと思っていますが(共感性や協調性など、女性の強みと言われる特徴が非常に役に立つと思うからです)、実際の営業の現場では、女性は全体の2割程度に過ぎません。IT、不動産、自動車、食品などの業界ではさらに少なく、1割を切るほどです。

営業が好きでも、続けるイメージを持てない

営業という仕事が好きで、誇りを持っている女性であっても、「営業として働き続けること」を明確にイメージできる女性が少ないのはこのためです。「出産後に、このハードワークはムリなのか?」という不安にぶち当たってしまうのです。

実際に営業部女子課254人にアンケートしたところ、「営業が好き」と答えた人は56%いましたが、ほぼ同じ数の57%が「出産したら営業ができるイメージがない」と答えています。こういった女子の悩みを解決するための営業部女子課ですから、周囲にロールモデルがいない女性が集まるのは必然とも言えます。

今では営業部門で採用する新卒の過半数が女性という企業も増えてきましたが、彼女たちの悩みは解消されていません。その根本にあるのは「ロールモデルの不在」ですが、さらに細かく見ていくと、

①家庭と仕事を両立することへの不安

②男性型キャリアモデルに囲まれていることへの違和感

③キャリア形成自体をうまくイメージできない

という3点であることがわかります。以下、営業女子の生の声をもとに、これらを具体的に検証していきましょう。

次ページ二極化する「営業ママ」の悩み
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。