形容詞に頼るからあなたの英語は伝わらない

60日集中特訓!ビジネス英語術 第35回

いくらカッコイイ形容詞を使っても、大事なことは伝わりません(xiangtao/PIXTA)

プレゼンの一番最初は自社の紹介ですね。ここはとても大事なポイントですので、パンフレットなどを使い会社の強みなどを簡潔に述べていきましょう。今日は自社の紹介フレーズです。

さりげなく強みをアピールするには

First of all, I would like to briefly tell you about our company. This brochure shows you more detailed information about us.
先ず初めに、当社について手短にお話しさせていただきます。こちらのパンフレットにより詳しい説明が載っております。

briefly「手短に、簡潔に」やconcretely「具体的に」はビジネスではよく使われる副詞です。是非覚えておきましょう。

Concretely speaking, we need to increase our revenue.
具体的に言えば、売り上げを伸ばす必要があるということです。

自社を紹介するときには、さりげなく強みを述べることが大事です。ただ、このときに注意したいのが、「大きい」「早い」などの形容詞はインパクトに欠けるということ。できるだけ具体的な事実や数字を使って説明しましょう。

We have a wide range of products. 
幅広い製品を揃えています。
We have 80 different kinds of products.
80種類の製品を揃えています。
We do business with many companies.
多くの会社と取引があります。
We do business with 200 domestic companies.
国内200社と取引があります。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。