「東芝事件」を生んだ、男独特の2つの心理

なぜ彼らは暴走するのか?

(写真:tooru sasaki / PIXTA)

創業140年の名門企業・東芝が、不正会計処理により営業利益の水増しをしていたとして、問題になっています。

かさ上げされた利益の額は1500億円。恒常的に、「チャレンジ」と称して高すぎる利益目標を設定していたことが分かり、歴代の3人の社長が責任を取ってそろって辞任する事態になりました。

男性にとって大事なのは「価値」と「スジ」

なぜこんなことになったのでしょうか。そこには男性ならではの心理があるかもしれません。

男性と女性とでは、仕事に求めるものが異なります。男性が求めるのは「勝ち」。勝つためなら何をしてもいいし、チーム全体の勝ち=業績アップのためには、個人は多少犠牲になっても仕方ない。会社の繁栄のためには、多少のルール違反もやむを得ない。これが、旧来の企業社会=男社会の理屈だったわけです。

勝てば官軍、儲かることが企業の本質。もちろん最近は「コンプライアンスとかうるさいけど、仮に違反したとしても罰則がないなら、全然平気で破っちゃうもんねー」というのが、勝ちと結果にこだわる経営者たちならではの感覚ではないでしょうか。

ちなみにそんな彼らも、ある特定のルールについてはきわめて厳格に遵守しようとします。それは「スジ」。

「なんでもあり」の気持ちでビジネスを進めがちな彼らがときに「きちんとスジは通せ」という場面がありますが、これは「ルールを守れ」という意味ではありません。

次ページそこまで重視されるスジとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。