こじらせた「学歴コンプレックス」を消す方法

東大生以外は悩んでいる?

東大生は学歴コンプレックスとは無縁?(写真:YNS / PIXTA)

春先のことになりますが、ある高学歴女性タレントが「私たち夫婦は自分の力で学歴をつかみとってきたという誇りがある」「努力の証明書として学歴がある」と発言。「学歴自慢かよ?」とネット上で炎上する騒ぎがありました。

学歴に関するこうしたトラブルは、絶えることがありません。学歴は、自分の力でどうにかなるような、それでいて動かしがたい過去のようでもある。さらに、企業社会においては、実質的な価値はないとされているものの、信奉している層も根強くいる。ですから、強いコンプレックスを感じる人も少なくないのです。

東大生は学歴コンプレックスがない?

以前、ある慶應大学出身の人が「東大出身の人は学歴コンプレックスがないから、話しやすくて好ましい」と語っているのを聞いたことがあります。

いわく、彼は学生のころからいつも「いいよな、慶應は。どうせ俺なんか……」というひがみに満ちた言葉をぶつけられてきて、そのたびに居心地の悪い思いをしてきたのだとか。

それに比べて東大出身の人はそうした学歴コンプレックスにとらわれていない(ことが多い)。なので、学生時代の思い出など、気にせずフラットに話せて気持ちがいい、というのです。こうした「コンプレックスを持たれる側の悩み」というのは、なかなかフォーカスのあたることのないテーマです。

次ページ東大に入ったある学生の場合
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。