甲子園「ベスト8投手」に学ぶ"醒めた視点"

結果を出す人は「プレイ」に長けている

甲子園ベスト8投手のメンタル術とは?(写真:日刊スポーツ/アフロ )

「高校野球100年の年」として、大いに盛り上がった夏の甲子園。東海大相模が45年ぶり2度目の優勝を果たす形で幕を閉じました。

昨今の高校野球は、体格や技術だけでなく、取り組む姿勢やトレーニングメソッドなども、プロ顔負けのレベル。今年も、沖縄代表・興南高校の2年生エース・比屋根雅也投手の、ユニークなメンタル術が話題となりました。

チームをベスト8に導いた彼の、マウンド上でのリラックス法が「自己実況中継」。

1球ごとに自分の投球を「今のはいい球でしたね」「さぁ、ピッチャー、第1球」などブツブツと解説。こうすることで、自分を客観的に見ることができるのだとか。

このほか数年前、桐光学園(現・楽天イーグルス)の松井裕樹投手が行っていた、「相手チームへの応援歌を、まるで自分のためのかのように、マウンド上で口ずさむ」という方法。今大会でも何人かの投手が行う光景が見られました。

これらのアプローチに共通するのは「客観視」「醒めた視点」「俯瞰の意識」です。

常に大変なプレッシャーにさらされるピッチャーというポジションで、「自分はどうしたいのか」や「相手は何を考えているのか」という勝負の意識を持ちすぎると、リラックスできず、本来の力を発揮できなくなるということです。

これは、私が普段提唱している「仕事・人づきあいは演技でいい」というメッセージにも通底することでしょう。

次ページ面接前に「ショートコント・面接」と唱える
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。