ANA株主が詰問、「スカイマーク支援の是非」

片野坂新社長が初議長を務めた総会の全容

6月29日に開かれたANAHDの株主総会には、昨年より27人多い3344人の株主が出席した

「経営者の思い込みによる失策で傾いた会社を、なぜ支援するのか」。6月29日午前10時に開会した、ANAホールディングス(HD)の株主総会。開始から50分ほどが経った頃、2人目に質疑に立った株主から厳しい口調の質問が飛び出した。

「失策で傾いた会社」とは、今年1月に民事再生法適用を申請したスカイマークのことだ。ANAHDは投資ファンドのインテグラルなどとともに、今年5月にスカイマークとのスポンサー契約と株主間契約を結んでいる。

スカイマークが提出した再生計画案では、ANAHDはスカイマークに16.5%を出資し、両社は共同運航(コードシェア)を始めることになっている。こうした支援策に対し、冒頭の株主は「なぜ首を突っ込むのか、違和感を禁じえない」と不満をあらわにした。

会社側の回答は?

支援の理由に関して、グループの経営戦略を担当する長峯豊之・上席執行役員は「コードシェアによって、当社にとっても路線ネットワークの拡充を見込めるため、競合他社に対して優位性を発揮できる。結果としてグループ全体の収益性向上につながる」と回答。

また、今回のスカイマークと同様に、ANAが事業再生を支援してきたAIR DOやスカイネットアジア航空(ソラシド・エア)ともコードシェアを行った結果、双方にとってメリットがあり「ウィンウィンの関係になっている」(長峯氏)ことを強調した。

今後の焦点は、8月5日に予定されているスカイマークの債権者集会だ。前出のスカイマーク案と、大口債権者である航空機リース会社のイントレピッド・アビエーションが提出した案の2つの再生計画のうち、集会で可決された案に沿ってスカイマークの再生が進められる。長峯氏は「われわれの再生計画案が賛成・可決されるよう精いっぱい努力したい」と語った。

次ページ厳しい質問はスカイマーク関連以外にも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。