「うまいゴルフ」と「強いゴルフ」は違うもの

日本の男子ツアーが低迷している理由

マスターズが始まると、いよいよゴルフシーズン開幕だという気持ちになる。マスターズは、世界中をワクワクさせる魅力を持っている。

特に今年のマスターズでは、21歳の若者ジョーダン・スピースが64・66と、前半の2日間で14アンダーという驚異的なスコアで首位をリード。見ていて小気味良くさわやかで、久しぶりにグイグイと吸い込まれるようなゴルフが、試合全体の流れを牽引していった。

2日目に崩れるのが通例だが

過去の例から言えば、初日に64を出して優勝した選手はいない。いや、上位進出した選手もいない。むしろ2日目には崩れて、そのままズルズルと順位を落としていた。実は僕も、スピースは崩れるだろうと予想していた一人だった。でもそれは大きな間違いだった。いや僕には予想もつかないほどに彼は成長していたともいえる。

なぜスピースが崩れると思ったかというと、昨年最終日の土壇場で自滅し、優勝できなかった彼の姿がどうしてもダブっていたからだ。最終日にスコアを伸ばせず、バッバ・ワトソンに3打差逆転負けして2位タイに甘んじた。まさしく自滅だった。マスターズ、しかも20歳で初出場という彼のキャリアを見れば大健闘だった。でも、スピースは屈辱的敗退という意識が強かった。

次ページこの1年でどのような努力をしたのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。