見城徹×藤田晋「仕事と人生に効く」熱狂対談

圧倒的努力を積み重ねろ、おごり高ぶるな!

幻冬舎の見城徹社長(左)とサイバーエージェントの藤田晋社長
仕事にも人生にも不可欠のGNOとは? ビジネスマンとして勝ち続けるための条件とは? トークアプリ「755」への投稿をもとに『たった一人の熱狂―仕事と人生に効く51の言葉―』を著した幻冬舎・見城徹社長と、過去に共著も出しているサイバーエージェント・藤田晋社長が語る圧倒的結果を出すための仕事論。

「この人、浦島太郎だなと思いました」

見城:755は藤田と堀江(貴文)に頼まれて始めたんだよね。初めは「なにそれ?」という感じだったけど、今は朝起きると必ず書き込みを見ちゃうし、コメントを返すのに毎日3時間ぐらいかけてるんだよ(笑)。

藤田:755は偶然の産物で、出所したばかりの堀江さんが、「まだLINEに対抗できる」と言い始めたんです。その時は、この人、浦島太郎だなと思いました(笑)。僕らも含めて各社が挑戦しましたが、もう勝負あったと思っていたんですよ。それでも「大丈夫だ」と言うので、それなら「半々で資金を出して、とりあえず会社を作ろうよ」というところからスタートしました。

見城:藤田とも長い付き合いだけど、堀江はまだ彼がそんなに有名になる前に、うちの会社を訪ねてきたことがあるんだよ。俺は会わなかった。だけど話を聞いてみると、長髪の青年で堀江っていうのが訪ねて来て幻冬舎の株が欲しいと言っていると。

藤田:いきなりですか?

見城:いきなり。その時はお引き取り頂いたんだけどね(笑)。でも、近鉄バッファローズの買収で名を挙げてからまた訪ねて来た。俺はミーハーだから今度は会ってみたんです。そしたら、株が欲しいということは一緒に仕事をしたいということだとか、熱く俺と幻冬舎への想いを語ってくれて、そこまで言ってくれるんだって嬉しかったんだよね。それで、うちの子会社とライブドアパブリッシングを作ったんだ。

ただ、それを発表しようとした3日前に、ニッポン放送、フジテレビの買収の話が出た。俺はフジテレビとの付き合いをすごく大切にしているから、そういうことは先に言ってくれないと困るよ、と思ったんだけどね。

藤田:堀江さんらしいと言えば、堀江さんらしいですね。

次ページなぜ50:50の合弁で事業を始めたのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。