3000人!デンソーの"社内運動会"がすごい

「現場を元気に、一体にする」仕掛けづくり

デンソーの“社内運動会”でいちばん盛り上がる「綱引き」。決勝に進む強豪チームは、電柱やバスを相手に練習に励む(写真提供:デンソー)
『現場力を鍛える』『見える化』など数々のベストセラーがある遠藤功氏が、「10年間の集大成」として出版した『現場論――「非凡な現場」をつくる論理と実践』が、発売20日で3万部を突破しました。
 「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みをわかりやすく読み解いた1冊で、「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。
 前回に引き続き、『現場論』の中でケース事例として紹介した、デンソーの加藤宣明社長との対談を掲載。今回は、連結売上高が4兆円を超える自動車部品製造のトップ企業が「現場を元気に、一体にする」ために行っている「社内運動会」を紹介します。
 前編:デンソー、知られざるその強さの秘密とは?

不具合があれば工場の全員で解決する

33刷15万部のベストセラー&ロングセラー『現場力を鍛える』の衝撃から10年。その後の全エッセンスが詰まった10年間の集大成、ついに発売! 本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。現場にかかわるすべての人に、役立つ1冊。

遠藤:加藤社長が入社当時のデンソーの現場は、どんな感じでしたか?

加藤:私は1971年入社で、愛知県にある西尾工場の、カーエアコンを造る製造部の生産管理に配属されましたが、そこでデンソーはモノづくりにおいてQCD(「品質・コスト・納期」の略称)をとても大事にするということを身にしみて感じました。

遠藤:今の現場と比べて、何か違いはありますか?

加藤:当時は、会社の規模もまだ中堅企業レベルで、今と違って工場内に前工程から後工程まですべてあり、製品造りが1カ所で完結していました。

遠藤:現場としては、手頃な規模感だったのですね。

加藤:ええ。製品に不具合が出ると、みんなが集まって話し合い、「お前アレやれ」「俺はコレやる」と、上の指示も仰がずに、自分たちでその改善に動き出す自主性も強くありました。

遠藤:「まずは自分たちで解決する」というのが現場のプライドですよね。しかし企業規模が大きくなると、どうしても現場の一体感を保ちにくくなります。何か工夫はされていますか?

加藤:「現場を元気に、一体にする」という点では、実は「社内運動会」の役割が大きいと、最近、実感しているのです。

遠藤:社内運動会ですか?

次ページ社内運動会の練習でバスや電柱を引っ張る!?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。