デンソー、知られざるその強さの秘密とは?

あくまで「国内量産化」にこだわるワケ

「デンソーなくして車なし」と言われるほど、自動車産業になくてはならない存在となったデンソー。その知られざる「強さ」の秘密に迫る
『現場力を鍛える』『見える化』など数々のベストセラーがある遠藤功氏が、「10年間の集大成」として出版した『現場論――「非凡な現場」をつくる論理と実践』が、発売20日で3万部を突破しました。
 「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みをわかりやすく読み解いた1冊で、「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。
 今回から2回にわたって、『現場論』の中でケース事例として紹介した、デンソーの加藤宣明社長との対談を掲載。連結売上高が4兆円を超える自動車部品トップメーカーの知られざる「強さ」の秘密に迫ります。

「モノづくりの頭脳集団」にリストラの危機

33刷15万部のベストセラー&ロングセラー『現場力を鍛える』の衝撃から10年。その後の全エッセンスが詰まった10年間の集大成、ついに発売! 本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。現場にかかわるすべての人に、役立つ1冊。

遠藤:車に乗っている人の体温を感知して、必要な座席だけを省エネ空調する先端技術など、日本の高性能な車づくりには欠かせない、部品メーカーの地位を築かれましたね。

加藤:ありがとうございます。最近は、「車の挙動制御など電子技術に強い」との評価をいただきますが、ウチのモノづくりは「あくまでハードあってのソフト」と考えています。

遠藤:ハードとソフト両面で「モノづくりへのこだわり」は今後も変わらないわけですね。

加藤:そうです。しかし、実は当社でも、固定費削減が流行した1998年ごろ、「モノづくりの頭脳集団」といわれる「工機・型部門」(製造加工の設備や精密部品用の金型製造)を別会社化しようという動きもあったのです。

遠藤:モノづくり重視のデンソーでさえ、そんな動きがあったのですか。

加藤:ええ。当時で1000人以上の配転案なので、「短期的な業績」を見れば、固定費削減として大きなインパクトが見込めました。結局は、取りやめになったのですが、そこで思いとどまっていなければ、その後の業績の急回復もなかったと思います。

次ページ「モノづくり棟」に驚いたワケ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。