日本上陸!「有機ELテレビ」の可能性とは?

LGが大型テレビ向けパネルの量産に挑戦

LGは、有機ELテレビを日本で売り出す

LGエレクトロニクスジャパンは日本市場向けとしては初となるOLED(有機EL)テレビを発表した。ラインナップは4K解像度を持つ上位モデル「EG9600」シリーズが65インチと55インチの2モデル、フルHD解像度の「EC9310」シリーズが55インチの1モデルで展開される。いずれもパネルの柔軟性が高いOLEDの特徴を活かし、スクリーンを曲面に仕上げている。デザイン面でも最薄部で0.6センチという薄さが引き立つ、スッキリとした見た目に仕上がっていた。

いずれもオープン価格だが、4K OLEDパネルを使う「EG9600」が65インチモデルで99万8800円、55インチが62万8800円と、予想実売価格が発表されている。フルHDモデルのEC9310は、同じく予想実売価格で39万8800円。5月から順次店頭に並ぶ予定だ。

OLEDパネルは目論見通りに生産性を向上させることができず、家庭用テレビ向けのOLEDパネル採用はなかなか進んでこなかった。真っ先にOLEDテレビを発表したサムスンは、ほとんど出荷実績のないまま、今年1月の国際展示会ではOLEDテレビの展示を引っ込めている。

サムスンとは逆の道へ

ところがLGはサムスンとは逆に、テレビ向けの大型OLEDパネル生産力を強化するという戦略に出た。パネル生産会社のLGディスプレイは、生産難易度の低い白色OLED+カラーフィルターの方式で歩留まりを向上。現在のパネルはRGBの3原色に白画素を加えたWRGB構成でピーク輝度を稼ぐなどの工夫で、量産が可能なレベルまで歩留まりを向上させてきた。

次ページ原理的に色再現範囲が狭くなるはずだが・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。