大塚家具、父娘が「解任」し合う激しい応酬

父・会長と娘・社長、決戦は株主総会へ

会員制で囲い込むビジネスモデルはいつまで成り立つか(写真は新宿ショールーム)

2月17日。大塚家具は、会長であり筆頭株主でもある大塚勝久氏(71)により3月開催の株主総会に提出された「株主提案」について反対することを、取締役会で決議したと発表した。

勝久氏が出した株主提案とは、自身を含む、新たな取締役の選任を求めるものだ。

それに反対する決議がされたのは、発表4日前の13日。同じ日に大塚家具は取締役会で、株主総会向けの「会社提案」として、新経営体制を決議している。内容は、勝久氏の実の娘である社長の大塚久美子氏(46)を中心とした、10人の取締役候補の新体制である。つまり父の勝久氏による株主提案は、娘の久美子氏を実質“解任”し、まったく別の10人を並べた内容だった。

焦点だった13日の取締役決議の場に、勝久氏本人は出席している。そこでは勝久氏の株主提案への反対決議が可決され、久美子氏の新体制となる会社提案が成立した。

株主提案は当初、娘の案だった

そもそも両者の争いは、2014年7月23日、久美子氏が社長職を突如、解任されたのが発端である。同時に会長の勝久氏が社長を兼任。ヒラ取締役に降格された久美子氏は、勝久氏への反転攻勢と自身の復権をうかがっていた。

そもそも株主提案は、久美子氏が勝久氏を退けるために腹案としてしたためていた、“最後の手段”だ。

ただ久美子氏は、株主総会の混乱で世間にお家騒動と映るのを恐れ、「あくまで取締役会で決着したい」と模索。株主提案を提出できる期限ギリギリに近い1月28日になって、「勝久会長・久美子社長」の体制を取締役会で決め、公表した。久美子氏が社長に復帰すると同時に、勝久氏が代表権を持つ会長にとどまったことで、両者痛み分けかのように受け取られた。

次ページなぜ勝久氏は会長を受けたか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。