仰天!大塚家具、今度は父が娘の解任を提案

父の株主提案に娘は取締役会で反対を決議

再び肉親同士の泥仕合となるのか(写真は大塚家具本社、撮影:今井康一)

父娘の対決、第2ラウンドか──

 大塚家具(ジャスダック上場)は2月17日、会長であり、筆頭株主でもある、大塚勝久氏(71)が3月下旬の株主総会に提出した「株主提案」について、会社として反対することを取締役会で決議したと発表した。

勝久氏が提出した株主提案の議題とは、勝久氏自身を含む”取締役10人選任”の件と、監査役2人選任の2件である。

勝久氏の株主提案は、2月13日、大塚家具の取締役会が決議し「会社提案」として同じく株主総会に提出した、社長の大塚久美子氏(46)を中心とする”新経営体制”について、真っ向から否定したものだ。

やられたらやり返す。委任状争奪戦も。

大塚勝久会長

もともと株主提案は、2014年7月に勝久氏から久美子氏が社長職を解任された後、復活に向けてしたためていたもの。それが立場が入れ替わり、攻守ところを変えての展開。まさに「やられたら、やり返す」である。

今後の展開は予断を許さない。3月27日開催の株主総会に向けて、場合によっては、委任状争奪戦(プロキシ・ファイト)も想定される。

大塚家具の株主構成を見ると、筆頭株主の大塚勝久会長が18%、久美子社長が役員をつとめる「ききょう企画」が9.7%。久美子社長寄りとされるファンド、米ブランデス・インベストメント・ファンドが直近で10%超を持つ。他には日本生命5.8%、東京海上日動火災3.2%ら、機関投資家が大株主だ。

わずか4日前、実娘の社長が発表したばかりの新経営体制を、父の会長が株主提案で否定するという、異常事態。老舗大手家具の混乱は、まだまだ幕引きしそうにない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。