スクープ!大塚家具で前社長が社長に反旗

老舗の家具大手で父娘に何が起こっているか

1969年創業の大塚家具は勝久氏が一代で築き上げた(写真は有明本社、撮影:今井康一)

ジャスダック上場の大塚家具に激震が走ろうとしている。

2014年7月23日に社長を解任された大塚久美子取締役(46)が、会長兼社長で実父の大塚勝久氏(71)を含む現経営体制を一新するよう、「株主提案」を検討していることが明らかになった。新体制案が取締役会で承認されるなら、見送る公算だが、このまま株主提案に発展すれば、まさに異例の展開だ。

解任後、メディアの単独取材として初めて応じた、久美子氏が明らかにした。

これに対し、勝久氏や長男で取締役の勝之氏(45)らが反発するのは必至だ。逆に久美子氏自身が取締役を解任される可能性もある。3月下旬に開催される株主総会を前に、創業家が真っ二つに分かれた、異例の委任状争奪戦(プロキシ・ファイト)に発展するかもしれない。

果たして創業家内の父娘の攻防はどう決着するのか――。

(詳細は1月19日月曜発売の「週刊東洋経済」2015年1月24日号をご覧下さい)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。