ユニクロ"残酷工場"で何が起きているのか

苛烈な労働環境を告発したNGO会見の詳報

会見に臨んだSACOMのチャン氏(中央)とヒューマンライツ・ナウの伊藤事務局長(右)
 「地獄のような危険な労働環境」――。香港のNGOであるSACOMは1月15日、厚生労働省で記者会見を行い、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの製造を請け負う、中国企業2社の労働状況に関する報告書について説明した。
 48ページに上る「中国国内ユニクロ下請け工場における労働環境調査報告書」では、2社の基本給が最低賃金であることや時間外労働が月100時間を超えていることを指摘。さらに、30度以上にもなる高温や床に流れている排水、無雑作に置かれた化学薬品、粉塵が大量に舞うといった工場内の劣悪な労働環境を報告した。また、わずかな遅刻などで罰金を科すなど多くのルールを課していることも明らかになった。
 これに対し、ファーストリテイリングは同日、改善計画をリリースで発表。労働環境を早急に是正するとした。
 会見での報道陣との主なやり取りは以下のとおり。SACOMプロジェクトオフィサーのアレクサンドラ・チャン氏とNPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子氏が回答。特に回答者名は記していない。

SACOMへの回答はまだない

――ユニクロに対して、この報告書をどのように提示したのか。

昨年12月26日にメールと郵送で送り、今年の1月8日までにコメントがあれば出してほしいと伝えた。それを受けて、1月5日にユニクロからアプローチがあり、もしコメントがあれば出してほしいと(再度)伝えたところ、「特にない」ということだった。

だが、1月7日に「会見前に面談したい」と言ってきた。私たちは独立した団体であり、まず多くの人にこうした状況を知ってもらいたいということで、公表前や会見前には会えないという考えを伝えた。

――ユニクロが本日出した文書は回答になっているのか。

おそらく、あれが回答ということなのだろう。一般社会に対しては回答したと思う。だが、少なくともSACOMに対して英語での回答はない。

次ページ問題の本質はどこに?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。