日テレ三冠王の裏に異色の「壊し屋」がいた

「目の前の仕事」を飛躍のきっかけにするには

 「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
 さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。
日テレの高視聴率を支える「変人」は見た目からド派手(写真:今祥雄)

配属先が当初の希望通りにいかなかった。望んでいない部署に異動になった。自分はこの先、ずっと好きでもない仕事をやっていかなければならないのだろうか……。

やりたいことがやれずにくすぶっているなら、自分のキャリアに対する見方を少し変えてみるのはどうだろう。そのために今日は、これまで会社に存在しなかった独自のポジションをつくり上げ、目の前の仕事を心の底から楽しんでいる変人を紹介しよう。

バラエティーのヒットメーカーが、ドラマ畑に?

2014年12月、日本テレビが、ゴールデン帯(19~22時)、プライム帯(19~23時)、全日帯(6~24時)の世帯視聴率で首位となり、年間視聴率三冠王を達成した。その要因として、多くの局員と著名なプロデューサーやディレクターの活躍があったであろうことは想像に難くない。

しかし、どうやらそれだけではなさそうだ。高視聴率の裏には、ある“特命任務”を背負ったテレビマンの存在があった。

その男の名は、栗原甚。これまで『¥マネーの虎』をはじめ、『さんま&SMAP』『踊る!さんま御殿!!』『ぐるぐるナインティナイン』『伊東家の食卓』など、数多くのバラエティー番組に携わってきた人物だ。

2013年6月、長年バラエティー畑で育ってきた栗原さんが、畑違いのドラマ班に送り込まれることになった。彼が密かに背負った特命とは、一体どのようなものだったのだろうか。

次ページ嫌われながらも、新陳代謝を促す
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。