大人が知らない、「新・韓流ブーム」の真相

韓流は、日常生活に溶け込むステージへ

かつての韓流とは違った、新しい韓流が根付き始めている(写真:ロイター/アフロ)

筆者は日本とアジアにおいて、若者の価値観やライフスタイルの研究を行っていますが、ここ数年、強く感じることがあります。それは、日本以外のアジア各国で、「韓流」が『ブーム』から『定着』に完全に移った、ということです。

日本では日韓関係のこじれも影響してか、以前よりは韓流ドラマや韓流アーティストをメディアで目にしなくなっているので、韓流ブームを一過性のもの、過去のものととらえている方も多いと思います。

ところが、アジア各国で若者たちとインタビューすると、たとえば、超親日エリア・国である台湾やタイでも、意外な声を聞くようになりました。筆者はアジア各国で現地の若者たちを現場研究員として組織し、彼らと協同して若者研究を行っているのですが、彼らからじかに聞く日本、また韓国の印象が以前とは大きく変わっているのです。

たとえば、台湾の女子高生に「日本ファンと韓国ファン、あなたのクラスではどちらが多い?」と聞くと、「日本ファンってママの世代の話でしょ?」などと切り返されてしまったりします。

また、バンコクの女子大生に「知っている日本人は?」と聞いてみると、「知っている日本人はいませんが、知ってる韓国人だったらたくさんいます。私は韓流は好きじゃないけど、イ・ミンホと少女時代と東方神起だったら皆が知っていますよ」と言われる……といった具合です。

より親日度合いが低い他のエリアや国であれば、なおさらこうした傾向が強く出ることが多くなっています。

もちろん、アニメや車、日本食といったのように、いまだに大きな存在感を保っているものもたくさんあります。しかし、日本が掛け声にしている「クールジャパン」はさほど浸透しておらず、少なくともアジア全域の若者の間では、「クール」という言葉は「韓流」にとられかけてしまっているのが実情です。

次ページ日本の若者がハマる「新・韓流」とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。