10年で客2倍!進化する音楽ライブビジネス

CDに見切りをつけ、ライブに懸ける

無料の動画サイトなどで簡単に音楽が楽しめる一方で「体験」「共有」できる音楽ライブへの人気が高まっている

8月4日の神奈川県・日産スタジアム。夏空の下で始まったアイドルグループ、ももいろクローバーZ(ももクロ)の野外ライブに布袋寅泰が予告なしに現れた。ギターで「君が代」の演奏を始めると、6万人の観客が熱狂的な声を上げた。

「単独ライブ」と銘打ちながらその後も松崎しげる、お笑い芸人の猫ひろし、箕輪はるか、武井壮、元プロサッカー選手が次々と登場。五輪をテーマにさまざまな趣向を凝らした演出で4時間近く観客を飽きさせない。まるでテーマパークだ。

大型化に韓流効果で集客数アップ

無料の動画サイトなどで音楽を聴くことができる時代、新曲を売るのは難しくなった。2012年のCD生産量は前年比9%増の2億1516万枚と久しぶりに上向いたとはいえ、大御所アーティストのベスト盤が相次いだ特需効果が大きく、縮小傾向は続いている(下図)。

CDに代わり、ネットでダウンロードする音楽配信が伸びてきたが、スマートフォンの普及に伴い、レコード会社の収益源だった「着うた」など携帯電話向けが減少。各社は、毎月一定金額を支払うことで音楽が聴き放題になる定額配信サービスに力を入れ始めた。

一方、着実に収益柱に育ちつつあるのがライブだ。ドームツアーやアリーナツアー、野外会場などを使った公演の大型化で集客数は年々増え、12年度は前年比で16%増加。東日本大震災の影響による反動増が含まれるものの、10年前と比べても約2倍に膨らんでいる(上図)。

次ページ若者はフェスだけで充分?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。