LINEは、楽天、アマゾンに勝てるのか

ネット通販2強に対し、ガチンコ勝負を仕掛ける

「LINEを世界の共通言語にしたい」

スマートフォン向けの無料通話・メールアプリを運営するLINEが8月21日に開催した事業戦略発表会。その冒頭で森川亮社長はこう宣言した。

2011年6月のサービス開始以来、LINEの成長はとどまるところを知らない。この日発表された登録ユーザーは2・3億人、前年比で4・6倍だ。そのうち海外が8割を占め、特にタイ、台湾、スペイン、インドネシアで頻繁に使われている。まさに世界の共通言語への道を邁進している。

ビジネスとしても順調だ。LINEは昨年7月、個人同士のメッセージ主体の事業から、さまざまなサービスを提供するプラットフォームになると宣言。現在は無料通話・メール以外にも、ゲームやカメラ、天気予報、占い、ニュースなどLINEと連携した幅広いジャンルのアプリを展開する。それらの総ダウンロード数は2・9億に上り、売上高は7月単月で31億円まで伸びている。収益の柱は、ゲームアプリ内での課金だ。

ほかにも、メッセージをやり取りするときに使われるスタンプ(大きな絵文字)の有料販売で月10億円を超える売上高があるという。

顧客基盤の拡大に合わせて、LINEはプラットフォームとしてのさらなる進化を遂げようとしている。

次ページ通販の手応えは十分
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。