若者のカラオケに見る、恐るべき「気遣い」事情

最新の曲も、1曲歌いきるのもタブー!

筆者が青春時代を送った1990年代は、「若者=カラオケ」という方程式ができた時代でした。

カラオケボックスが世の中にどんどん増えていき、若者がこぞってカラオケに行き、カラオケで歌われたCDがめちゃくちゃ売れた時代……。しかし、当時から20年以上が過ぎ、この方程式が、徐々に崩れてきているようです。

シダックスによると、カラオケの主力顧客層は20~30代。2008年度には来店客の56.7%を占めていたものの、景況感の悪化などで2013年度は53.8%に低下。一方、60歳以上は同じ期間に8.8%から15.9%へと急速に上昇。

全国カラオケ事業者協会のまとめでは、「カラオケを利用する『参加人口』は直近のピークだった1995年度の5850万人から2013年度は4710万人に落ち込み、厳しい状況が続く」とのことです(産経新聞2014年9月3日より)。

画像を拡大
写真左上より、塩田修大(慶應義塾大学3年)、近藤理紗(慶應3年)、福島大貴(早稲田大学大学院1年)、中段左より伊藤太郎(慶應3年)、大橋萌奈実(慶應2年)、酒向渉(慶應2年)、下段左より田中由貴子(清泉女子大学4年)、周詩雨(青山学院大学3年)、越智英(慶應2年)

つまり、カラオケ人口自体が減っており、いまだに主要顧客は若者ではあるものの、その比率は下がっているようなのです。

少子化で、全人口に占める若者の割合が減っている影響もあると思いますが、カラオケが普及してから随分と時間がたち、若者と接するなかで、彼らにとって新鮮な存在でなくなってきていることを、日々、実感します。

若者の「カラオケ離れ」が徐々に進む中、今の若者のカラオケニーズはどのように変化してきているのでしょうか?

今回、博報堂ブランドデザイン若者研究所の現場研究員たち(写真右)が、今どきの若者のカラオケ事情をレポートしてくれたので、彼らの分析から、新しい若者のカラオケについて考えていきたいと思います。

次ページ最新の曲は歌わない?!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。