悩めるママ3万人が頼った、カリスマの秘密

「ママのイキイキ応援プログラム」とは?

山崎さんの講座を受けた子育てに悩む母親たちからは、「子どもとの関係が楽しくなり、前向きになれた」との声が寄せられている(写真: Taka / Imasia)

「ママイキ」こと『ママのイキイキ応援プログラム』を主宰する山﨑洋実(43)(やまさき・ひろみ)さん。コーチングの手法に基づいたママ向けセミナーを行い、悩み多きママたちの心の支えとなっている存在だ。

山﨑さんは、旅行代理店、英会話スクールでキャリアを積み、結婚を機に退職。専業主婦のときにコーチングを学び、2004年からセミナーを開始した。

「最初の頃はバカにされました。主婦はすぐ休むし、高い価格設定にできないから、主婦相手にコーチングビジネスは無理だと」

しかし、それは違った。

徐々に広まり、2014年には香港でもセミナー開催

週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」は1月30日発売

セミナーは220期を超え、受講生は延べ3万人に上る。実は、セミナー初期は「いいお母さんになるためのコーチン グ講座」だったものを、現在のポジティブな響きを持つ名前に変えたことで、徐々に広まっていったという経緯がある。受講者の有志が、それぞれの地域で新たなセミナーを主催するという形で草の根的に広がっており、2014年は香港でも開催された。

ある受講者は言う。

「山﨑さんの教えは自己肯定感を持たせるもの。私は受講した当時、子どもとの関係に悩んでいました。子どもと一緒にいると疲れるだけでしたが、講座を受けて子どもとの関係が楽しいと思えるようになりました。そうすると、私自身が前向きになって、いろいろなことを試してみようという気になりました」

次ページセミナーを受けた母親たちはどう変わった?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。