イスラムが求めるのは「神とともにある自由」

内藤正典・同志社大学教授に聞く(後編)

2006年ドイツで開催されたFIFAワールドカップで、フランスのスター選手ジネディーヌ・ジダンが、イタリアのマルコ・マテラッツィ選手に「頭突き」を食らわせて退場に。この時、ジダンに何が起きたのか(ロイター/アフロ)

西欧とイスラム社会の関係、イスラム教徒の思いについて同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科長・教授の内藤正典氏に聞く、後編(前編は「西欧に対する『イスラムの怒り』とは?」)

広がるイスラム教への覚醒とフランスとの軋轢

――お話を伺っているとフランスはイスラム教徒が暮らしにくい国という印象ですが、イスラム教徒は500万人もいるということですね。

ないとう・まさのり●1956年生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。著作多数。最新刊『イスラム戦争-中東崩壊と欧米の敗北』(集英社新書)(撮影:梅谷秀司)

フランスの場合、移民イスラム教徒の出身地はチュニジア、アルジェリア、モロッコなどアフリカにおけるフランスの旧植民地が主。戦後、西欧が復興する過程で労働力不足が起きて、安い労働力を求めて、移民を受け入れた。

移民1世にとっては、生活が第一だから、イスラムを脇に置いた。貧しい中、イスラム教で禁止されているアルコール、麻薬、買春に走る移民も多数いた。

ところが、だんだんに生活が落ち着いてくると、拠り所を求めて、移民2世、3世の中で、1980年頃からイスラムへの回帰が始まった。

モスクへ通うようになった若者達は、そこで「癒やし」を見出し、素行不良が収まっていく。息子、娘がイスラムに覚醒して、道徳的な逸脱から脱したことを親たちはむしろ喜んだのである。

一方、フランス側はイスラム回帰の動きに対して、怒った。なぜ、フランス人にならないのか、なぜ、「啓蒙されないのか」と。フランス人の考えは、「遅れた連中を啓蒙してやっている」というもの。「21世紀にもなってなぜ宗教から離れられないのか」という。移民の支援団体の人でさえ、話をすると「彼らは遅れているから」と「遅れている」を何度も連発する。

次ページジダンが語ったこと
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。