シャルリの描き方の違いに見る差別意識

塩尻宏・元駐リビア大使に聞く(前編)

しおじり・ひろし●1941年大阪府生まれ。大阪外国語大学アラビア語学科卒。67年外務省入省。中近東アフリカ局中近東第二課地域調整官、在ドバイ総領事を歴任し、2003年駐リビア特命全権大使、06年退官。その後、公益財団法人中東調査会で常任理事、副理事長・業務執行理事を務め、13年から同調査会参与。(撮影:尾形文繁)

1月7日、預言者ムハンマドを風刺した週刊紙「シャルリ・エブド」の編集部が襲撃され、事件はユダヤ系商店の襲撃などに発展した。11日には、事件に抗議し「表現の自由」を掲げるデモ行進が、フランス全土で約370万人が参加して行われた。一方、「シャルリ」紙が最新刊でムハンマドの風刺画の掲載を繰り返したことで、イスラーム社会にはこれを批判するデモや抗議集会が広がっている。約40年間、アラブ・イスラーム世界に関わってきた、塩尻宏・元駐リビア大使に話を聞いた。

風刺というよりも

次ページドゴール元大統領の時は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。