新卒で一生モノの仕事が見つかるのは奇蹟

在籍年数ではなく、「何を成し遂げたか」が重要

いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。

※安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

【キャリア相談 Vol.20】 新卒で予備校の職員になりましたが、教師になりたい
 大手予備校で職員をしております。新卒1年目です。講師ではないので、勉強を教えているわけではありません。業務は、校舎運営全般とクラス運営です。単純な事務処理から学生との面談、ロングホームルームでの受験情報講演まで多岐にわたっています。
 就職活動でこの仕事を志望し、それがかなった形でしたが、今はもっと生徒の近くで接したい、勉強だけではなく他愛のない話もどんどんしたい、と感じていま す(予備校なので浪人生が相手。必死に勉強している学生ばかりで、私が休みの日に遊んでもその話はしづらいところがあります)。また、自分の学歴や職歴、 出身学部がバレてはいけないと会社から言われており、自分のバックグラウンドを話せないことに不満を感じています。 
 それで大学時代に少しだけ考えていた教員の道に進みたいと思うようになりました。今の会社を1年で退職し、2年かけて通信制大学で教員免許取得、26歳になる年に教員になることを目指しています。
 そこで相談なのですが、教員採用のとき、1年間で退職したことはやはり響くのか、そして、簡単ではない教員採用試験に落ちたとき、キャリアのない25、26歳に道はあるのでしょうか。何年か勤めたとしても、教育業界出身者はほかの職業に就けるものなのでしょうか。ほかの業界で役に立つスキルはあまり獲得できない気もしています。
 教育業界や教員のキャリアは少し特殊で畑違いかもしれませんが、率直な意見をお待ちしております。
S.Y.

新卒時に一生モノの仕事が見つかるのは奇蹟

教員と言えば……私は某都立高校だったのですが、某教員の方が1カ月に1回は授業中になぜか「俺の息子は××大学(有名私立大学)で、将来も明るく、うんぬん」とのたまうので、以来、××大学出身とか聞くと、それだけでなんかいけ好かないヤツなんじゃないか、と警戒していた時期がありました(すいません、単なるヒガミでした、ハイ)。

まじめに回答しますと、現在の仕事よりもご自身でぜひやってみたいし、ご自身が成長する場としてよりふさわしい仕事があるのなら、早く動くべきです。その際、悶々と悩む期間は短ければ短いほど長期的なダメージは小さいと思います。

最近は第二新卒採用も盛り上がっていますし、正直、学生時代の限られた情報と経験を基にした就職活動で、一生モノの仕事が見つかるほうが奇跡だと個人的には思っています。

また、Sさんのケースでは、単に嫌になってやめるわけではなく、現在の業務を通じた新たな発見や経験に基づいて、より自分に合った仕事に挑戦したい、ということですよね。ネガティブな理由では決してありませんので、面接のときには理由を含めて堂々と説明することが可能だと思います。

ただし、新卒から教員になるという一般的なパスをたどる多くの人と比べると、当然、スタート時点では遅れているという客観的な事実は変わりませんので、それ相当の努力と工夫が求められるのは覚悟してください。

次ページ1年で退職するダメージは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。