撃退不能?小学生母への「もっと働け」要求

「育児は終わったでしょ」と真顔で言う上司たち

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

今回は、上司の「もっともっと働け!」要求に頭を悩ませるワーキングマザーの方より、お悩み相談をいただきました。

(お悩み)
(写真:Tokyo image groups / Imasia)
 嫌みを言う男性たちをどう牽制したらいいですか?
 ワーキングマザー歴8年です。出産後2年ほどは、上司も同僚も人事も親切で、無理のない働き方ができるよう配慮していただきました。今、思い出しても感謝の思いでいっぱいです。
 ただ、産後8年も経ちますと、「子育ては終わったでしょ?」的に見られていて、実際に言われますし、「もっと深夜や緊急の対応をするように」「もう若手じゃないんだから、家庭を言い訳にするな」などと、チクチク言われます。
 子育てはまったく一段落しておらず、むしろ子どもの勉強を見るといった別の大変さが生じ、生活はハードになる一方です。
 また、仕事の量や成果において、長時間労働の職場の男性たちと遜色あるわけではなく、時に過労で体調を崩しているくらいです(ただ、家庭を話題にすると不機嫌になる男性上司がいるので、家庭の状況を説明するのはやめています。体調不良も、プライベートな話をするのは未熟な人間だという感じで、嫌がられます)。
 私にこれ以上、どうしろというのでしょうか? いったい、彼らは何を私に求めているのでしょうか。
 彼らにチクチク言われたときに、①どう心を整理して、落ち着ければいいか、②効果的な撃退法は何かあるか、③そもそもワーキングマザーは、嫌みにもニコニコと耐えるような人間にキャラクターを変えるくらいでなければならないのか。

 いらいらが募りすぎると、ある日爆発しそうなので、少しずつガス抜きがしたいです。アドバイスをよろしくお願いします。
(38歳、女性)

これは、「あるある」ですね……

「24時間戦えますか?」の世界、まだまだありますよね。

こういう会社の偉い人たちは、そうやって昇ってきた人たちだから長時間労働は「必要悪」だという認識がなかなか修正できないものです。がっちりと組織風土に根付いてしまっていて、永遠に変わっていかないようにも思えてしまいますよね。

あなたのご相談を拝見して、問題は2つに分かれるなと思いました。ひとつは、「子育て、一段落したでしょ」といった見られ方への対応。もうひとつは、「個人の事情を仕事に持ち込むな」と言う管理職への対応。この2つの問題に対するあなたの心の持ち方、撃退法を考えながら、「そもそも……」を考えましょうか。

次ページ食事や排泄の世話=育児、じゃない!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。