若者に選挙は「無理ゲー」じゃないか

政治への関心なんていくら高くても…

東洋経済オンラインに集いし労働者、学生諸君!「若き老害」こと常見陽平である。前回に引き続き、若者と政治の問題に関して超絶意識の高い慶大生、青木大和くん(写真右)との対談をお届けする。
若者が政治に関心を持つのは総論、良いことだが、持ったところで、無力感があるのではないかと思うわけである。今回も若き老害パワー炸裂!意識高い学生の魂を蹴り上げる!

対談の第1回「政治に超熱心な意識高い慶大生に会ってきた」はこちら

一票の格差、世代人口の違い

常見 青木くんは「1票の格差問題」ってどう思う?「一人一票実現国民会議」(http//www.ippyo.org/)というサイトで計算できるけど、計算すると私が住んでいる東京都墨田区では衆議院選挙が0.55票、参議院選挙が0.22票なワケ。

私も若い頃、それなりに政治に関心はあったのだけど、政治に対する無力感は正直ある。なんだかんだ言って支持母体あって、加えて1票の格差もある。若者の政治参加は、就活以上に「無理ゲー感」がないかな?

青木 一つ気がついたのですが、僕は今年20歳になったのですが、まだ投票に行ったことがないんです(笑)。行けるとすると来年(2015年)4月の統一地方選です。票を投じたことがないので、まだその無力感がわからない。

常見 ・・・そうか。でも1票の格差問題自体はどう思う?

青木 問題だとは思います。抜本的な解決案はないですよね?

常見 一つの答えは、選挙制度を変えてくれる政党、政治家を選ぶことかな。

青木 政治家は変えたがらないと思います。政党関係なく、議席を守りたいので、根本のルールは変えたがらないでしょう。

常見 頑張っても無駄だというのは、就活同様、絶望しない?いや、まだ就活の方が努力でなんとかなる部分があると思うんだ。

私は高校から大学の前半は岩波・朝日文化という真っ赤に燃える左翼文化にどっぷりつかり、それこそ毎月『世界』を図書館で読んでいたりしたわけ、こう見えてもね。高校の進路アンケートに阻害とか、抑圧とかそんな言葉を並べる、困った高校生だった(笑)。でも、結局、若者がいくら政治に関心を持ったところで世の中変えられない、だったら具体的な企業活動で変えてやろうと思ったわけ。

社会学部から商学部に転学部して、ビジネスの世界に行ったのもそういう理由があるかな。結局、33歳で著者デビュー、38歳で大学院に入り直し、本格的に論者として活動を始めたのだけどね。

青木 なるほど・・・。

次ページ「選挙に行こう」運動の絶対安全地帯
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。