新幹線沿線で伝播する"マラソン大会開催熱"

来秋開催の金沢マラソンが火付け役?

長野―金沢間の開業がいよいよ来春に迫った金沢新幹線。沿線でも集客への機運が盛り上がっている(撮影:尾形文繁)

2015年3月の北陸新幹線・長野―金沢間の開業が迫る中、北陸地方の沿線自治体では、イベントを通じて全国から集客しようという機運が盛り上がっている。

特に力が入っているのが金沢だ。新幹線開業に合わせて、大小さまざまなイベントが予定されている。その目玉の1つが、2015年11月15日に初めて開催される「金沢マラソン」である。

県外からのツアー客に優先枠

金沢マラソンは旧街道の街並みなどを回遊するのが特徴

皇居や浅草など都内の観光エリアを走る抜ける東京マラソンが人気化しており、金沢マラソンもこれを踏襲した。旧街道の町並みや田園エリアなど市内の見どころを回遊するのが特徴だ。

参加定員は1万2000人。応募者多数の場合は抽選となるが、新幹線の利用促進という狙いもあり、石川県外から参加して県内に宿泊するツアー客には優先枠が与えられる。

事業費として3億3000万円を投じる。開催の1年以上前から、全国各地で開催されるマラソン大会に専用Tシャツを着た市民ランナーを走らせるほか、フランス、中国、韓国など海外にもPR団を派遣するなど、知名度向上に余念がない。

金沢マラソンの基本計画ができあがったのは2012年。つまり開催の3年前から着々と準備を進めていることになる。だがそこに、思わぬ対抗馬が現れた。

次ページ突如現れたライバルとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。