"12.9インチiPad"が注目されるワケ

「単にサイズが大きくなるだけ」のはずはない

右が11インチサイズのMacbook Air。12.9インチはそれよりも大きい(Macrumorsより)

アップル製品に関連したニュースに対して、市場は常に敏感だ。ここ数年におけるデジタル製品のトレンドを作ってきたことも理由だが、多くの競合はアップルのフォロワーであり、アップルを追いかけていれば他社の方向も見えてくる側面もあるからかもしれない。

とりわけタブレット市場におけるiPadの存在感は、スマートフォンにおけるiPhoneよりもずっと大きい。米ブルームバーグが8月26日に報じた、現行の対角9.7インチのiPadより大きい、12.9インチサイズのiPadに関する記事も、またたく間に多くのメディアが追いかけている。

Surface Pro3よりも大きい

報道によると2015年第1四半期の出荷見込みというから、製品情報のリークとしてはまだ少々気が早いが、サプライヤーなどの取材から明らかになったと考えれば妥当なタイミングである。

エンドユーザーはもう少し製品が成熟してからニュースをチェックするほうが良いだろうが、このニュースはエンドユーザーよりも、業界ウォッチャー向けとして興味深いものだ。

12.9インチというサイズはマイクロソフトのSurface Pro3よりも大きく、モバイルパソコンで主流の13.3インチディスプレイとSurface Pro3の中間ぐらいのイメージだ。縦横比に関する確たる噂は流れていないが、これまでのiPadは4:3を一貫して採用してきた。そのまま12.9インチまで大きくなると、そうとうに横幅が広くなる。おそらく縦横比には変更が加わるのではないだろうか。

次ページなぜ注目されているのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。