イオニストの先生は、よしもと芸人だった!

詩吟に工作、芸人がカルチャー講座に登場

 郊外のショッピングモールは、今や下流ファミリーのたまり場ではない。あらゆる層のニーズを満たし、若者からお年寄りまで続々と押し寄せるパワースポットと化した。中でも人気なのが、「イオンモール」と「ららぽーと」だ。商業施設の巨大化・進化につれて、そこに集う「イオニスト」「ららぽーたー」が増殖している。
 人々は何に魅せられてショッピングモールに行くのか? 人気ショッピングモールの背景を5日連続で分析する。3日目は、イオンモールと吉本興業がタッグを組んだ目的を追う。
1日目「地方都市は『ほどほどパラダイス』になった!」はこちら。
2日目「大都市郊外の働く母は『モールと生きる』」はこちら。 

「よしもと幕張イオンモール劇場」を作ったワケ

千葉市海浜幕張駅の出口で、若手芸人らしき男性が「よしもと幕張イオンモール劇場」のチラシを配っている。「芸人らしき」というのは、テンションは高いが腰は低く、一瞬で人の心に入るプロフェッショナリズムを感じさせるからだ。

送迎バスに乗って8分、イオンモール幕張新都心に到着した。ここは2013年12月にオープンした「体験・体感型モール」の旗艦店である。

イオンモール幕張新都心 (撮影:尾形文繁)

全国各地にショッピングモールが増えるにつれて均質化が進み、いかに差別化していくかが課題となってくる。モノを買うだけなら、アマゾンで十分だ。わざわざショッピングモールに行って買う理由がない。

イオンモールが打ち出すのは、「コトを通したモノの提供」である。その「コト」が各モールで異なるという。

「お客様がイオンモールに求めるものは変化しつつあります。それぞれの商業施設における環境、規模、地域特性などにより千差万別なので、その対応としてのアウトプットはさまざまです」と、イオンモール広報部の尾上雅博さんは説明する。

単に「モノ」を買うだけの場ではなく、エンターテインメントをはじめ、さまざまな「コト」を提供していこうとしている。そのひとつが、吉本興業とタッグを組んだ「よしもと幕張イオンモール劇場」なのだ。

イオンモール幕張新都心の店内。天候に左右されない壮大な町のよう

イオンモール幕張新都心の独自コンセプトは、「“夢中”が生まれる場所」。夢中になれる「コト」を提供するらしい。大人向けの「グランドモール」、親子3代に向けた「ファミリーモール」、ペットライフを楽しむ「ペットモール」、スポーツと家電の「アクティブモール」の4つの棟で構成され、とにかく広くて大きい。「ファミリーモール」の3階に、子どもが職業体験できる「カンドゥー」があった。カンドゥーで感動体験……。そして、「グランドモール」の3階に、よしもと劇場があった。

次ページ人気大物芸人が続々登場
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。