撤退続く幕張にイオンがあえて出店するワケ

総力を結集し11月に首都圏3位の巨大商業施設を建設へ

積極的な出店が目立つイオンモール(写真はイオンモール船橋)

経済産業省は今年1月届出分の新規出店予定の大型店舗を公表した。それによれば、新規出店の届出があった大型店は50件で昨年同月比1件増に(表参照)。これで新規出店届出件数は昨年10月以降、4カ月連続で前年同月を上回る結果となった。

イオングループのフラッグシップモール

今月分の新規出店届出で最も注目されるのが、11月1日オープン予定の「(仮称)イオンモール幕張新都心」(店舗面積9.6万平方メートル)である。商業施設の開発・運営を行うイオングループの中核企業・イオンモール(本社・千葉市美浜区中瀬)が、イオンのフラッグシップモール(旗艦店)としてグループの総力を結集して建設する。

編集部が集計したところ、開店すれば百貨店を含む全国の大型店舗約2万件の中で第9位、首都圏では埼玉県越谷のイオンレイクタウン(13.0万平方メートル)、三井不動産の運営する「ららぽーと TOKYO-BAY」(店舗面積11.6万平方メートル)に次ぐ、第3位の店舗面積となる巨大商業施設となる。

場所はJR京葉線の「海浜幕張駅」と「新習志野駅」のほぼ中間に当たる線路沿いの南側で、新駅建設の計画がある場所。敷地面積は約19.2万平方メートル、幕張メッセの駐車場とコストコ幕張店を取り囲むように、A~E棟までの3階建て5棟を建設、イオンリテールを核テナントに約350店舗が入居する予定だ。

次ページ物販だけでなく体験できる場に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。