武雄市長は、ビル・ゲイツに似ている!?

例の「武雄市図書館」に行ってみた

写真の右が樋渡啓祐(ひわたし・けいすけ)市長。1969年11月18日、武雄市朝日町川上生まれ。東京大学経済学部卒。総務庁を経て2008年から武雄市長。好きな言葉は「皇国の興廃此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ」。

樋渡 成毛さん、初めまして。武雄へお越しくださってありがとうございます。

成毛 初めまして、市長。よろしくお願いします。お忙しいところすみません。

樋渡 とんでもない。僕、2年ほど前だからまだ武雄市図書館ができてないころに『DIME』という雑誌に「座右の一冊」を紹介して掲載されたんですけど、同じ号で、成毛さんが本のレビューをされていたんですよ。それがすごく面白くて、一度お会いしたいと思っていました。

既存の図書館を活用した

成毛 僕も、なにかと話題の武雄市図書館は一度見てみたかったし、『沸騰!図書館』を読んで、何が何でも市長に会いたくなって、それで、押しかけてしまいました。

樋渡 いかがですか、武雄市図書館は。

成毛 まず、隣がゆめタウンっていうのがいいですね、人がたくさん来ますから。それから、建物がいい。これは、もともとあった建物なんですよね?

樋渡 そうです。もとの図書館の建物です。

成毛 中は、代官山蔦屋書店に似ているところもあり、しかし、まんまではないですね。

樋渡 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のスタッフには、代官山ではできなかったことも、ここでやってもらっています。

次ページ『沸騰!図書館』が好評
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。