「住みよさランキング2014」西日本編

「近畿」は草津が連覇、「九州・沖縄」は合志が1位に

近畿ブロックで2年連続トップとなった草津市は、京都からJRで30分圏内。ハイテク企業が立地する工業都市、学術都市、京阪神圏のベッドタウンなど、さまざまな顔を持つ。写真は毎年対岸の大津港で行われる、「びわ湖大花火大会」。今年は8月8日の予定(小宮山隆司/アフロ)

全国の都市を対象にした、東洋経済の住みよさランキング。全体の最新結果は住みよさランキング2014でお伝えしたとおりだが、地域ブロック別でも詳しくみてみよう。

今回は、「西日本編」をお届けする(「東日本編」はこちら)。「近畿」「中国・四国」「九州・沖縄」の各ブロックごとに、上位20都市をランキングした。また各府県の「トップ3」ランキング(4ページ)も、あわせてご覧いただきたい。

「近畿」は滋賀県勢がトップ10のうち、6市「奪取」

「近畿」エリアでは、昨年ランクアップして1位となった草津市(滋賀)が、2年連続でトップとなった。草津市は、電機などの工場が多数立地する工業都市であることに加え、京阪神圏のベッドタウンとして高水準の人口増加が続いている。小売業販売高の増加で「利便度」は全国4位に浮上した。転入・転出人口比率、住宅着工戸数の水準も高く「快適度」でも9位と、2部門での高い評価が寄与している。

5位甲賀市、6位米原市、7位彦根市の滋賀県勢は、それぞれ昨年の18位、17位、13位から順位を上げ、トップ10入りを果たした。これにより、トップ10に滋賀県の都市が6都市ランクインするという結果となった。3市に共通しているのは、出生数の増加。これに、米原市と彦根市では小売業販売額の伸長が、甲賀市では介護施設定員数の拡大が加わり、順位の上昇につながった。

20位の加西市(兵庫)は、昨年の66位から大きく順位を上げた。今回、判定指標に追加した保育所定員数が全国141位と平均を大きく上回り、「安心度」の順位が上昇した。また小売業販売額も増加し、「利便度」の順位押し上げにつながった。

次ページ中国・四国は不動のトップ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。