「住みよさランキング2014」トップ50

印西(千葉)3連覇、2位坂井(福井)、3位野々市(石川)

印西市は千葉県の北部・北総地域に位置する。千葉ニュータウンなど緑豊かな環境が自慢(川北茂貴/アフロ)

東洋経済では、全国の市を対象に「住みよさランキング」を毎年公表している。このほど最新結果がまとまったので、上位50都市を紹介する(全都市のランキングは、『都市データパック2014年版』に掲載)。

「住みよさランキング」は、公的統計をもとに、それぞれの市が持つ “都市力” を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、採用15指標について、それぞれ平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたもの。今回の対象は、2014年6月16日現在の791都市(全国790市と東京区部全体)で、今回が21回目となる(2011年は東日本大震災により非公表)。

「保育所定員数」を新たに算出指標として採用

今回のランキング算出にあたって、昨年から大きな変更点がある。「安心度」の項目に育児関連の指標として、待機児童数を調整した「0~4歳人口当たりの保育所定員数」を追加した。

昨今、子どもを保育所に預けたくても預けられず、職場復帰や仕事と育児の両立を断念したり、認可・資格のない施設やベビーシッターなどに子どもを預けトラブルになったりという例が相次いでいる。安心して子育てと仕事を両立できる環境は、「住みよさ」の重要な要素であると判断した。

この指標追加により算出に用いた指標は15となった。5つの観点と採用15指標、評価方法についての詳細は5ページに記した。

次ページ発表!1~25位の都市群
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
電子部品の大転換 僕らの「クルマ」論

スマートフォンは電子部品業界躍進の立役者。そのスマホの需要が鈍化し始めた。次の成長源は自動車。京セラ、TDK、アルプス電気、3社の社長が描く自動車シフト戦略を探る。

  • 新刊
  • ランキング