「富裕度」は浦安と武蔵野が5連覇

部門別「住みよさランキング2013」(下)

吉祥寺を擁する武蔵野市が富裕度で首位(撮影:今井康一)

「快適度」は長久手が昨年に続きトップに

「快適度」は長久手市(愛知)が1位で、昨年に続き2年連続のトップとなった。

長久手市は、名古屋市の東部に隣接する面積21平方㎞の小さな市だが、名古屋市のベッドタウンとして都市化が進み、人口の増加も続いている。2005年の愛知万博「愛・地球博」開催に合わせた都市基盤や環境整備などが進み、また東部丘陵線「リニモ」が完成し、名古屋市営地下鉄と接続されたことで、交通の利便性が上昇。その結果、2006年以降は転入人口が急増し、それに伴う住宅の建設が進んだことが寄与している。

2位の美濃加茂市(岐阜)は前回4位から2つ順位を上げた。名古屋市や岐阜市から30㎞圏にあり交通至便なことに加え、市内および隣接する可児市に工業集積があることから、人口の流入が続いている。「転入・転出人口比率」で昨年の41位から22位へと順位を上げたことが大きく貢献した。ただ、2013年3月末にソニーイーエムシーエスが撤退したことから、来年の順位への影響が注目されるところだ。

次ページ富裕度は2都市が連覇
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。