歴史を継承、日本橋ダイヤビルの快挙

新しいビルと古いビルを共存させる最新技術

地上18階建て、高差90メートルの日本橋ダイヤビルディング

「あれ、意外と小さいな」と思ってしまった。日本郵便の発祥の地である日本橋郵便局と、隅田川の支流である日本橋川に挟まれた、建設中の日本橋ダイヤビルディングを見上げた感想だ。地上18階建て、高さ90メートルが小さく見えるのは、このところメガストラクチャ(巨大建造物)ばかりを見てきたせいだろう。

ボクがこのビルの建設現場に興味を持ったのは、規模ではなく、歴史に理由がある。長い間ここに建っていた江戸橋倉庫ビルは昭和5年に建てられた、80年以上前のものである。その一部を残して建替えているのが、この日本橋ダイヤビルディングなのだ。

古いビルに新しいビルが載っているのではない

こちらが竣工当時の様子

どこが残された一部なのかは、外から見てもすぐわかる。地上5階までの、石造りでいかにもクラシカルなデザインの部分だ。船をモチーフにデザインされたと聞いている。工事が始まる前、屋上には、船橋のようなちょっと変わった形の物見櫓のような塔が、三菱マークと「トランクルーム」の文字が描かれた看板と並んでいた。

その上に、新しいビルが13階分載っかるのだろう。そんな風に思っていたのだが、それは大いなる勘違いだった。

建築主である三菱倉庫の方の案内で、まずは6階の建設事務所まで階段で上がる。これが非常にきつい。一段上るごとに脚が重くなり、口数が少なくなる。やっとのことでたどり着いた場所で、ボクは誤解に気付かされた。

次ページ新しい建物はどこに建っているのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。