横浜プリンスホテル跡地に新しい街誕生

大規模分譲マンション隣接で貴賓館も復活

マリンタワーなど横浜の人気スポットも近い

経済産業省は今年2月届出分の新規出店予定の大型店舗を公表した(表参照)。それによれば、新規出店の届出があった大型店は62件で昨年同月比11件減になった。昨年10月以降4カ月連続で前年同月を上回っていたものの、今回は減少に転じた。

横浜プリンスホテル跡地にオープン

今月分の新規出店届出の中で、店舗施設ではなく、出店する場所自体が注目されるのが、来年2月27日オープン予定の「(仮称)横浜プリンスホテル跡地開発計画」(店舗面積1793平方メートル)である。

東京建物、東京急行電鉄、オリックス不動産、日本土地建物、伊藤忠都市開発の5社が共同で事業主となり、大規模分譲マンションを建設、その付帯施設として商業施設等が整備されるというもの。分譲マンションの名称は、東京建物のブランド名を冠した「Brillia City 横浜磯子」。分譲地の一角の商業棟に、首都圏の食品スーパー大手・マルエツがテナントとして入居する予定だ。

次ページ歴史的建造部も復活
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。