リニアは、世界でも通用するのか?

米東海岸で進む、知られざる巨大プロジェクト

4月の日米首脳会談後に会見した安倍首相(右)とオバマ大統領。TPPだけでなく、リニアにも文書では言及した(撮影:尾形文繁)  

2027年に東京(品川)―名古屋間、2045年に名古屋―大阪(新大阪)間が開業予定のリニア中央新幹線。総工費9兆円の壮大な計画だが、実はもう1つ、進められている案件がある。米国東海岸を走るリニアの米国プロジェクトである。

リニアは海外では「SCマグレブ(Super Conducting Maglev)」と称される。JR東海は2009年に「海外高速鉄道プロジェクトC&C事業室」を新設。米国や東南アジア、オーストラリア向けに、新幹線やリニアを普及させる組織を作った。19世紀から鉄道網の発達する欧州大陸などは避け、経済成長の可能性があることに加え、他の交通機関との競合が少なく、今後高速鉄道の普及する素地のある国・地域が照準になっている。

日本の高速鉄道はすでに台湾で実績がある。台湾新幹線(台北―高雄間)が07年に営業運転を開始し、これが唯一の成功案件だ。車両は東海道新幹線の「700系」がベースで、信号システムなども日本勢が受注した。それでも、加ボンバルディアや仏アルストム、独シーメンスの3強に比べ、世界の鉄道市場で日本のシェアは1割程度。日本の高速鉄道をアピールするべく、JR東海・東日本・西日本・九州の4社を中心に、IHRA(国際高速鉄道協会)を発足させたばかりだが、海外で日本の影は薄い。“ガラパゴス”にならないよう、必死に手を打ち始めたのが実態だ。

次ページ首相自らオバマ大統領にトップセールス
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。