新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300

最新版「新卒3年後定着率」ランキング

新入社員に優しい「ホワイト企業」は?(昨年のANAグループの入社式で、AP/アフロ)

いよいよ新年度がやって来る。今年も大半の企業では、4月に新入社員を迎える。だがせっかく希望に燃えて入って来ても、会社は楽しいことばかりではない。遅かれ早かれ結果を求められる。つらいことも多い。仕事があわないと思う人も出てくる。新人は、最初は我慢して働いていても、時間がたつにつれて徐々に自ら「方向転換」を決め、辞めていくケースがどうしても出てくる。 

805社のデータで「ホワイト企業」をランキング

もちろん、甘い気持ちで働いていたり、就職活動中に自分の適性を十分考えなかったなど、働く側に問題がある場合も多い。だが、短期間に多くの新入社員が辞める職場なら、企業側に問題がある可能性が高い。

こうした問題企業を見つけるためによく使われるのが、新卒者が3年後にどれだけ在籍しているかを見る「新卒3年後定着率」だ。労働法規スレスレで社員をこき使うなど、さまざまな問題を抱える「ブラック企業」と対比する意味で、定着率が高い企業を「ホワイト企業」と呼ぶことも多い。

東洋経済CSR調査では、学歴にかかわらず、すべての2010年4月の新入社員が3年後の13年4月に何人在籍しているかを聞いている(一部前年度になっている場合あり)。『CSR企業総覧』2014年版掲載1210社のうち、男女それぞれの人数を回答している805社(非上場企業を含む)のデータを使い、「定着率の個別企業ランキング」と「業種別集計」を作成した。

 
2014年6月、待望の発売!!
就活生もビジネスマンも必読! 新卒定着率や育児休業取得率などの「働きやすさ」に加え、CSR(企業の社会的責任)や財務状況も考慮した「本当のホワイト企業」を見きわめる指標やランキングを徹底解説しています。
 
次ページ「ホワイト企業」トップは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。