次世代リーダーに必要な3つの条件

誰も教えてくれない、経営幹部への道

今さらなテーマにも聞こえますが、最近、ますます“次世代リーダー育成”に関する話題を耳にする機会が増えました。当方の周辺でもG1U-40(一般社団法人G1サミット主催)と呼ばれる会合が盛り上がっているらしい……と聞いたのは、つい先週の話。

各界で活躍している20~30代が、集い、学び、議論をして研鑽するプログラムが準備された集まりとのこと。参加メンバーには知人も多いですが、10年後、20年後も最前線で活躍する“日本の次世代リーダー”と呼べる人物ばかり。お互いが刺激をし合うことで、新たな日本の将来を描く機会になることを願う次第です。

どんな人が、次世代リーダー候補に選ばれる?

さて、次世代リーダー育成とは、いったいどんな人が対象なのか? 取材してみると、いくつか条件がみえてきました。まず第1に、10年後、20年後も最前線で活躍している世代の人。つまり、現在は主任とかリーダーといった肩書を持つ立場の人です。第2に、今現在、高い業績を上げて活躍している人。でなければ、会社も次世代リーダーと認めてくれません。ただ、これでも十分ではありません。上記の肩書と実績に加えて、

《将来の経営幹部になれる「器」を持った人材》

と認識されていることが重要です。社内で「あいつは将来、わが社を引っ張っている」と共通認識が形成されるほどの存在であること。同世代でも風格や雰囲気、言動、といった点で、一目置かれているような人、あなたの周囲にもいるのではないでしょうか。

ちなみに、経営幹部になれる器とは

・ビジョンを描ける

・組織を構築する

・人を動かす

といったような、仕事ができる“ポテンシャル”を備えていることがカギになります。この3つの条件がそろって、やっと次世代リーダーと呼ばれる(選ばれる)のです。

ただ、「器」の重要性については、「目の前の仕事をこなす」ことに忙殺されていて、あまり認識していない人が多いのではないでしょうか? 本来ならば、直属の上司が「将来のためにビジョンを描けるように精進しなさい」などと指導するべきですが、これが意外と教えてはくれません。上司自身も目先の仕事でいっぱいいっぱいであったりするからです。

次ページリーダーの外部調達か、内部育成か
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング