井口尊仁というオトコは変人なのか!?

テレパシー・井口尊仁CEOと語る(下)

 「世界を舞台に戦う起業家の真の姿とは」――。
前回の2人の対談で話題になったのは、意外にも起業家の“しんどさ”。現在、テレパシーを創業し、ウエアラブル(身に付ける)端末で米グーグルに勝負を挑む井口尊仁氏。大企業とベンチャーをつなぐ、シリコンバレーと日本をつなぐというビジョンを掲げ、WiLを起業した伊佐山元氏。世界を舞台に戦う2人から出た言葉は「自分のやっていることをまじめに考えると憂鬱になる」「夜寝られない」「嫌な汗をかく」といったフレーズだった。
 US版『ワイアード』1月発売号にも取り上げられ、海外メディアからも注目を集める井口氏は、「真の起業家精神」について何を思うのか。2013年末に、大企業10社によるファンド組成で日本経済新聞の一面を飾った伊佐山氏は「ベンチャーの戦い方」についてどう思っているのか。現在、注目を集める2人に、「真の起業家とは何か」「これからのベンチャーの戦い方」について聞いた。
撮影:今井康一

 対談前編「はったり」がないと世界では勝てないこちら

英語のプレゼンはエミネムのようなラップ!?

――井口さんは昨年、ウィンザー城に招かれたときに、袴を着ていましたよね。以前、東洋経済オンラインでも記事化したのですが、すごいインパクトですね。

井口尊仁(以下、井口):「Founders Forum」という、イギリス王室とイギリス政府がバックアップして、アンドリュー王子やリチャード・ブランソン(ヴァージングループ創設者)が来るような、世界中から起業家や投資家が集まるイベントのフォーマルディナーに羽織袴を着て行きました。

伊佐山元(以下、伊佐山):羽織袴を着て行く――。「井口さんだからできるんですよ」とネグる(無視する)人が多いと思いますが、井口さんだって大変なんですよ(笑)。「袴を着て、みんなひいたらどうしよう」とか、一瞬考えますよね。井口さんが特殊な性格だからというのではなく、井口さんも頑張っているのです。これは日本では伝わらないことなのですが、そばで見ているとその頑張りがよくわかる。

井口:引かれたらどうしようとは思いました(笑)。

伊佐山:井口さんは奇人変人的にメディアで露出しているから「変人」だと思われていますが、意外に気を遣っていて、かつ、自分にプレッシャーをかけて戦っている。それを見た瞬間に、自分は「なんてスマートにやりすぎているんだ」と思うのです。これではダメだと。自分も愚直にベタなことをしないと、常識は超えられないな――とあらためて思いましたね。他人にどう見えようと、自分の信念や事業への思いをさらけ出す。自分も含め、99%の人は他人の目線を意識するあまりに、多くのチャンスを見過ごしている。

また、井口さんはプレゼンテーションも規格外です。「プレゼンがうまい」と言うと、普通はTEDに代表されるような、なめらかなトークでプレゼン資料もかっこいいという、居心地のよいプレゼン。だけど、井口さんは、英語はかなりうまくなりましたが、言いたいことを、知っている英単語を使って、“当てていくプレゼン”。英語だから――と、変に格好つけようとしないで、自分の言いたいことを言うスタイルなので、内容もエッジが立っているし、トークそのものもフローがあるというよりは、ガクガクガクと止まるのですが、逆に「新鮮」という好循環が起きている。

井口:吉本興業にもスカウトされたことがありますから(笑)。僕のプレゼンは、たぶんエミネムみたいなものですよ。ラップです(笑)。

次ページジェフ・ベゾスにも“かまし”ました
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。