アラフォーの僕らから20代、30代の君たちへ

人生で大切なことはバンドブームから学んだ 

 バブルは無縁だし、3人に1人は浪人したし、就職氷河期だし、結婚難しいし……。俺たち、損してない? ロスジェネ、団塊ジュニアと言われ、バブル世代と、ゆとり教育世代に挟まれた彼らの苦悩とは? 

 その思いをつづったのが、『アラフォー男子の憂鬱』(日経プレミア新書)である。アラフォー男子の気持ちを代弁した本として、人気を集め、発売後すぐに重版がかかったという。この本の執筆陣、赤木智弘、おおたとしまさ、常見陽平、速水健朗の4人が、アラフォー男子の本音をぶちまける。

カラオケが可視化するアラフォーこじらせ元ロック小僧

20代、30代のサラリーマン諸君に問いたい。上司とのカラオケで嫌な思いをしたことはないか? ほら、正直に言ってごらん、あるだろう?

演歌を歌う上司、吉田拓郎や井上陽水を歌う上司は、いい。やしきたかじんや、桑名正博、大滝詠一を歌う上司も、彼なりに一生懸命、追悼したいのだろうから許そう。面倒くさいのは、アラフォー男子の上司(というか、先輩)とのカラオケではないだろうか?

無駄に、ドラマや自分の恋愛の思い出とともにZIGGYの「GLORIA」を歌うヤツ! 声が出ないのに、ユニコーンの「大迷惑」を歌う存在自体が迷惑なヤツ! 高級バイクをローンで買っているくせに、「15の夜」を歌うヤツ! 真性社畜のくせにRCサクセションやブルーハーツを歌うことで「根はロックなんだぜ」臭を漂わせるヤツ!

男ばかりdisって申し訳ない。PRINCESS PRINCESSの「ダイヤモンド」や「M」、LINDBERGの「Believe in Love」を歌うアラフォー女子も、面倒くさい。SHOW-YAの「限界LOVERS」を歌うヤツなんかは、もう恋愛が限界だったりする。そこに愛はあるのか、いや、お前に恋愛はあるのかと言いたくなる。

いや、こいつらは、まだかわいいほうだ。無駄に、フリッパーズ・ギターやBLANKEY JET CITYを歌われても迷惑だ。売れたのに、みんなで歌えないじゃないか。キーが高いX JAPANも痛い。ましてや、洋楽とか歌われた日には困る。まだ、いかにもカラオケのために作りました風のWANDSやT-BOLANを歌ってくれたほうが無害だ。さらに、昔やっていたバンドの武勇伝とか、曲の思い出を語られるとさらに困ることだろう。

きっと、20代、30代のサラリーマン諸君はこんな、嫌な思いをしているだろう。わかるよ。でも、彼ら、彼女たちの気持ちもわかってほしい。ヤツらは、バンドブームをまだ引きずっているのだ。

次ページバンドブームという希望と絶望
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。